デュエマについて手のひらクルクル語ってみた

自分自身凄くプライドが高い人間だ。

 

人より劣ってると感じることを嫌い、気づけば自分の中で勝手に他人を評価するようになっていた。

その中で自分より下と評価したプレイヤーに負けることが何よりも許せなかった。

だからこそ引きがどう、構築がどう、と言い訳をしては自分に逃げ道を作ってたのかもしれない。

そして、他人の気持ちなど全く考えずSNSで構築、プレイについて叩くようになっていった。

 

「他人を叩くことでしか自分の価値を見出せない人間」

 

いつしかそんな残念なプレイヤーになっていたのかもしれない。

 

 

そんな僕も先日、初めてCS優勝という経験をした。

優勝してみたら不思議なもので他人を不快な思いにしてまで何故デュエマを続けていたのか分かんなくなった。

もちろんCS優勝という肩書きは手に入れることが出来たがそれ以上なにも残らなかった。

 

そんな経験もあってか最近ではあまりデュエマに対するモチベーションがあまりない。

モチベを維持するために、ブログを書いてみたり、CS遠征してみたり、YouTubeに動画を上げてみたり、週に何度もツイキャスをしてみたりといろいろ試したがやはり何か違う。

どれだけいろいろなことに手を出しても自分がデュエマを続けてる意味が見出せない。

 

ならいっその事デュエマを辞めてしまえばいいのかもしれない。

最近ではそう考えることが多くなったため今回ブログに書き留めてみた。

 

 

 

シキボロフ